Hatena::Groupvim

文字列の比較

文字列の比較

演算子一覧

意味'ignorecase'によるcase sensitivecase insensitive
等しい====#==?
等しくない!=!=#!=?
より大きい>>#>?
以上>=>=#>=?
より小さい<<#
以下<=<=#<=?
正規表現にマッチする=~=~#=~?
正規表現にマッチしない!~!~#!~?

注意点

  • 文字列を比較する演算子正規表現マッチも含めると8種類あるが、各々の演算子はさらに「case sensitiveに比較する」「case insensitiveに比較する」「'ignorecase'の設定に準じて比較する」と3種類の派生型がある。
  • どの方法による比較を意図しているかを念頭に置いて記述すべき。特に==や=~等の演算子は'ignorecase'によって挙動が変わり得るという点に注意。
  • 正規表現のマッチについては、\cや\Cによる比較方法の指定が正規表現に含まれている場合、そちらが優先される。例えば'foo' =~# '\cFOO'は真である。