while ("im the true Vim master");

2009-10-09

Re: Re: vim scriptでディレクトリの存在を知る - dullhikoのだるい日記 - 永遠に未完成

13:27

ファイルが読み込み可能かどうか
filereadable({file})
ファイルが書き込み可能かどうか
filewritable({file})
ファイルが実行可能かどうか
executable({file})
Re: vim scriptでディレクトリの存在を知る - dullhikoのだるい日記 - 永遠に未完成

確かに「ファイルが実行可能かどうか」のチェックに使えないこともありませんが、executable()の主目的は「実行可能ファイルが存在するかどうか」のチェックですから、その説明文は誤解を招きかねません。

:echo filereadable('ls')
0
:echo executable('ls')
1

:helpを本気で探す方法その1 (Re: vim scriptでディレクトリの存在を知る - dullhikoのだるい日記)

08:35

vimのスクリプトでreadfile/writefileでファイルの読み書きをリストオブジェクトを通して出来ると知り、そのへんをいじっていて「ディレクトリの存在を知りたい」と考えるようになりました。

しかし、そのような関数はざっと見たところ見つからないです。そこで、system()でtestコマンドを使うことを思いつきました。

はてなダイアリー

:help isdirectory()

:helpからそれっぽい項目を即座に探す方法: 以下のように入力して<C-d>を押下:

:help *dir*()<C-d>
mkdir()        finddir()      browsedir()    haslocaldir()  isdirectory()
:help *dir*()

thincathinca2009/10/09 14:45ファイルのチェックを主題に置いたのでそういう書き方をしましたが、確かに誤解されかねないですね。
と言うわけで追記しました。指摘どうもです。

dullhikodullhiko2009/10/10 00:20これは便利ですね!
実は私はいままで、適当に思いつく単語を入れて<tab>でポチポチ押して補完、ということをしてました。
ありがとうございました。

最近のコメント
あわせて読みたいブログパーツ
AX