while ("im the true Vim master");

2008-07-30

metarwそろそろ完成

| 01:27

id:ka-nacht:20080722:1216706724id:ka-nacht:20080722:1216706767で考えていたmetarwですが、ちまちま書いた結果、そろそろ完成しそうです。{scheme}のサンプルとしてgitリポジトリを閲覧できるmetarw/git.vimも含まれています(GIT_DIRの指定ができない点の改善は後々)。

具体的には

:edit git:HEAD~3:src/ui.c

で指定したコミットに含まれるファイルを読めたり、

:edit git:origin/master:

で指定されたコミットの内容をnetrwのようなファイラー(死語)風に閲覧できたりします。

このようなfoo:bar形式の疑似ファイルをシームレスに読み書きしようとすると色々と面倒な処理を書かなければならないのですが、metarwを使うとその辺りをよしなにしてくれるので、本質的な部分だけに注力できるようになります。上記の例では:editしかしていませんが、:readも:writeも:sourceも面倒を見てくれます。

ところで、上記のgit:のような疑似ファイルとして読み書きできれば便利そうなものは何がありますかね?

motemenmotemen2008/07/30 01:40:earlier 5m 的なものがあったら便利かなーと思います

トラックバック - http://vim.g.hatena.ne.jp/ka-nacht/20080730
最近のコメント
あわせて読みたいブログパーツ
AX