while ("im the true Vim master");

2008-07-12

今日の赤ペン先生: 2008-07-12 - くふんを狙え(vimグループ) - vimグループ

18:01

「俺メモ」なのにプレフィックスがomemoで、思わず「おメモ」と読んでしまいました。

nnoremap <silent> \oyl :<C-u>split ~/schedule.ommo<CR>

:split {file}より:new {file}の方が「新しいウィンドウ開くよー」というニュアンスが強くて良いかも知れません。

全然関係ありませんが\oylを脳内で「大槍」と読んでしまって吹きました。

function! s:add_schedule()
  let fname = fnamemodify(expand('%:p'), ':~')
  ...

fnamemodify(expand(...), ...)はexpand('%:p:~')でイナフです。

omemo#dateinput()は:

  • 可変引数の個数チェックはexists('a:1')よりa:0で行う方が融通が利きます(2個以上の場合はこうする、とか)。
  • inputのフォーマットのチェックの最後に予備のelseを入れておいた方が良いと思います。例えばinputが"kuhun"だったりするとdとfが未定義なのでエラーになります。
  • eval(input . ...)よりstr2nr(input) . ...の方が安全です。ただそうすると+が前置されていた場合はそれを除去しておかないと駄目です。
  • yymmddの解析は、inputを末尾から2文字づつ削って数値に変換し、足りない部分はダミーの値で補えば、ややこしく場合分けしなくても良いと思います。
最近のコメント
あわせて読みたいブログパーツ
AX